更年期に出る汗の原因|いつまで症状が続くのかなど解説!

MENU

更年期に大量の汗をかく原因は?

女性は閉経を迎える前後に、更年期が始まります。
一般に、45〜55歳で起こる人が多いようです。
この更年期は、ホルモンバランスの大幅な乱れが原因となり、心身に様々な不調が起こします。

 

ホットフラッシュやめまい、頭痛、イライラ、不安感、無気力などが主な症状です。
その中でも、暑くもないのに急に大量の汗をかくホットフラッシュの症状に悩まされる人は多くいます。
女性ホルモンの低下は自律神経のバランスを崩す原因となります。

 

自律神経は呼吸や、体温調節など体の機能をコントロールする働きがあります。
このバランスが崩れることで、血管の収縮や拡張機能が正常に機能しなくなり、そのため急激に汗をかくなどのホットフラッシュ現象が起こるのです。
症状の対処法としては、濡れタオルや保冷材などで首回りを冷やすなどがありますが、更年期に入ったと思われる時期には、女性ホルモンの分泌を促すサプリなどを摂ることでそうした辛い症状を乗り切ることが出来ます。
更年期の不調の原因を知ることで、自分の体を理解し、あせらず対応することが出来るでしょう。

 

 

更年期が原因の汗はいつまで続く?

更年期障害で、暑くなくても汗が出ることをホットフラッシュと言われていますが、いつまで続くのかは個人差があります。
更年期障害の原因は、急激に女性ホルモンの分泌量が減少することにより起こるもので、不快な症状を総称して更年期障害と呼ばれています。
症状の度合いや、継続期間などは異なりますが、閉経前の数年前から熱くなくても汗が出たり、イライラや不安、頭痛などの症状が出る人もいます。
閉経とともに症状は徐々に治まっていきますが、いつまで続くのかは、個人差があり、症状が治まる期間もそれぞれです。
更年期障害じ時期は平均で10年程度といわれ、そのうち2、3年に強い症状が出るようです。

 

しかし、更年期障害の不快な症状を改善する為に様々なサプリメントや漢方薬、ホルモン薬などがありますので、症状が強く出る場合は、治療を受けることも選択しましょう。
更年期障害の治療は婦人科で受けることが出来ます。
ホルモン補充療法は、減少した女性ホルモンを補うための治療で、症状を和らげることがわかっています。
プラセンタ注射も健康保険が適用されており、効果が出る症例もあります。
その他、漢方やサプリメントも有効です。

 

 

更年期の汗を抑えることが期待できるツボってあるの?

更年期になると季節や温度に関係なく、多量に汗が出てしまい、恥ずかしい想いをしてしまうことも多々あるでしょう。
更年期における汗はホットフラッシュの可能性があり、女性ホルモンが減少し、自律神経が乱れることによって起こります。
顔を中心にのぼせたようになり、大量の汗が出たかと思えば、一気に汗がひき、寒気を感じることがあります。
自分の意思とは関係なく起こるため、タオルやウェットティッシュを常に準備しておきましょう。
また対策には、ツボ押しをすると良いでしょう。
更年期に効果的なツボには、足の内くるぶしにある三陰交、膝のおさらの内側から指3本分上にいったところにある血海、おへその上にある丹田があります。

 

この3つのツボは血液の流れを良くするもので、押すのと同時に冷やさないようにすることも必要です。
三陰交は、生理痛など婦人科系の痛みにも効果があるので、お風呂に入った後など親指で強めに押すと良いです。
簡単に押すことができるのは百会と呼ばれる頭頂部にあるツボです。
左右の耳を結んだ線状にあり、押すとへこんでいるのが百会の場所です。
汗やのぼせの予感がしたときには、ゆっくり押すようにします。

 

 

臭いを解決するには?

更年期の症状で多量の汗をかき、その臭いが気になってしまうことも多いでしょう。
更年期は女性ホルモンが減少し、身体の変化も起こりやすくなるため、臭いも敏感になります。
特に、仕事中や外出先で汗をかくと気になる人も多いです。

 

臭いの対策には、防臭スプレーや、汗の臭いをおさえる石鹸も効果的です。
肌を清潔に保ち、こまめに洗うようにしましょう。
肌を刺激すると、更年期の時期は湿疹もできやすいため、優しく洗うように注意しましょう。
汗の臭いは、アポクリン腺から出ることも影響するので、ストレスや、食生活のバランスも大切です。
油っぽい食事を避けて、タバコや、アルコールを控えるようにしましょう。

 

ストレスが多いと、汗の分泌も多くなるので、定期的な運動を心がけて、新陳代謝を上げ、血行を良くすることも大切です。
更年期は特に、外出先でホットフラッシュの症状が強くでることがあるので、こまめにタオルで拭き、気になる人はデオドラントタイプのスプレーを持ち歩くのも良いでしょう。
体を締め付けるきつい下着は、症状を悪化させるため、通気性のよい下着を身に着けることをおすすめします。

 

 

その他情報に関して

更年期の汗の原因や解決が期待できる方法を見ていきました。
更年期の場合、汗もそうですが、精神的な部分などで、イボなどの症状が現れてくることもあるんですよね。
とにかく、更年期には、お肌のトラブルが盛りだくさんです。

 

でも、最近では、そのようなイボなどのお肌のトラブルに効果のあるものが評判です。
それは、「艶つや習慣プラス」という、目元、首元、胸元のポツポツとしたイボ(角質粒)の改善に効果的なオールインワンジェルです。

 

そこで、イボなどに効果のある、「艶つや習慣プラス」の情報をすごく丁寧に書いているウェブサイトを掲載します。
艶つや習慣プラスは私も使っていて、イボによく効きます。
「艶つや習慣プラス」のイボへの効果は?成分や口コミをご紹介!

 

こちらを訪問されれば、詳しい説明がみれますので、きっと、あなたのお役に立てると思います。